接骨院の正しいかかり方

健康保険制度は、「保険証」を保健医療制度の窓口に提出し、治療が受けられる便利な制度ですが、健康保険を使える範囲が決められております。ご存知でしょうか?

 

接骨院・整骨院で健康保険がつかえるのは、

1.急性または亜急性の外傷性の捻挫、打撲、挫傷(肉離れ等)

 

2.骨折・脱臼(応急手当の場合は、医師の同意は不要ですが、応急手当後の施術  は医師の同意が必要です。

 

このような場合は接骨院・整骨院で健康保険は使えません

1.仕事や家事などの日常生活による単なる疲れ、肩こり、腰痛、体調不良などに対する施術

 

2.スポーツによる筋肉疲労、負傷原因のない筋肉痛に対する施術

 

3.神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニア等の疾病からくる痛みやコリに対する施術

 

4.打撲、挫傷が治ったあとの漫然とした施術、マッサージ代わりの利用

 

5.治癒の見込みのない長期間かつ漫然とした施術

 

6.外科・整形外科で治療を受け、同時期に同部位について柔道整復師(接骨院・整骨院)に施術を受けている場合

 

当院ではこのような健康保険が使えない部位に対して自費治療で対応させて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

 

接骨院・整骨院で健康保険を使うときに注意すること

1.負傷原因を正確に伝えましょう

 外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害や通勤災害に該当する場合は、健康保険は使えません。また、交通事故に該当する場合は必ず健保組合に連絡して下さい。

 

2.委任欄への署名(捺印)は自分でしましょう

 施術内容を確認した皆さんの署名(捺印)がある場合のみ、健保組合から療養費が接骨院・整骨院に支払われます。支払った金額と自己負担額が合っているか、負傷原因は正しいか、施術内容が合っているかを確認し、接骨院・整骨院が作成した療養費支給申請書の「委任欄」に自分で署名(捺印)をしましょう。

 

3.「ついで」受診はやめましょう

 「ついで」に、ほかの部分も、家族に付き添った「ついで」に、といった「ついで受診」はやめましょう。

 

4.領収書はもらいましょう

 

5.施術が長期にわたる場合は医師の診察を受けましょう

 長期の場合は、内科的要因も考えられますので医療機関で受診しましょう。